子どもの歯並び矯正治療について

 

【小児矯正】治療法の紹介

「矯正って、あの歯に針金を着けてやる方法しかないのかしら?」

いいえ、今はいろいろな方法があるのです。
子供の矯正の場合は、大きく分けて4種類に分けられます。

子供の矯正 どんな方法があるの?

1. 歯の表側につける矯正装置

※用語の基礎知識 装置のことを知る前に、用語についてご説明します
ホームページを見るにも話をするにも、用語がわからないと話がわかりませんので、前もって解説いたします。

ブラケット:歯の表面につけるボタンのようなものです。このブラケットにワイヤーを通してその引っ張り具合を調整して歯を動かしていきます。
ワイヤー:ブラケットに通す細い針金です。

1-1目立たないセラミック装置+白いワイヤー

歯にボンドでつける装置(ボタン・ブラケット)の部分がセラミックです。
さらに、ワイヤーも白いものを使います。
この2つの組み合わせは、通常の金属の装置よりも目立ちません。

1-2セラミックブラケット+通常ワイヤーー

歯にボンドでつける装置(ボタン・ブラケット)の部分がセラミックです。
セラミックブラケットは「半透明」から「歯の色に近いもの」までいろいろな色があり、歯の表面に取り付けてもほとんど目立ちません。
ワイヤーは、普通の矯正に使う針金です。

1-3ステンレスブラケット+通常ワイヤー

治療費も安く、金属の特性により薄くて丈夫です。

2. 取り外し式矯正装置

夜寝ている時だけ装着する、取り外し式の矯正装置です。(主に小学生以下のお子さん用)
食事中や学校・仕事の時など、人前に出るときは装置を外すことが可能です。
一日あたりの決められた時間、キチンと装着することで、矯正の効果を得られます。

3. マウスピース矯正(インビザライン・システム)

mouthpiece

【マウスピース】インビザライン・システムについて

約10年前に開発され、日々進化をしている最先端の矯正方法です。
以前は、子供には難しいといわれていましたが、今は小学校高学年10, 11歳以上~大人に使うことができます。

マウスピース矯正って?

  • ●着けていても、目立たないどころか、ほとんど見えません。
  • ●患者さんひとりひとりのために、オーダーメイドで製造されます。(何十個も作ります)
  • ●着け外しが出来るので、食事や歯磨きも今まで通り行うことができます。
  • ●矯正中の見た目や口内の違和感が心配で、治療に踏み切れなかった方にも、安心して治療に臨んでいただけます。
  • ●金属アレルギーの心配がありません。
  • ●装着の不快感がワイヤー&ブラケットの装置に比べ軽減されます。

4. 裏側(舌側:ぜっそく)矯正装置


新しい小さな装置


従来型の大きな装置

歯の裏側に矯正の装置を着けるので、見た目では矯正をしているかわかりません。
また、以前のものより、装置自体が小さくなっているので、違和感もなく食事などにも邪魔になりません。

「でも、実際のところ、どうなのかわからない。」

まずは、お口の状態を拝見して、矯正歯科のキャリア30年の当院院長が、患者さんの年齢や環境など考慮して、ベストな治療方法をご提案いたします。

もちは餅屋、歯の矯正は矯正専門医です。
無料相談をしておりますので、ご相談ください。

心配したり悩んでいると、お子さんにもその気持ちは伝わります。
ぜひ、状況を把握して、矯正が必要かどうかをわかってスッキリしましょう!

患者様の声

中高生~大人の矯正

一生自分の歯で過ごすための矯正

スポーツマウスガード