中高生~大人の矯正 症状別 歯並びのいろいろ

もうアゴの成長が終わっている年齢のため、これからの自然に治ることは残念ながら望めないステージです。
下記のような歯並びが治療対象になります。

1.歯のデコボコ(叢生:そうせい 歯の重なりや不揃い)

歯のデコボコ(叢生:そうせい 歯の重なりや不揃い)
いわゆる、デコボコの歯並びです。
理由としては、アゴが小さくて永久歯が並びきれなかった、歯の大きさのアンバランスです。

2.受け口(反対の噛み合わせ)

受け口(反対の噛み合わせ)
下の前歯が、上の歯よりも前にある状態です。
アゴがしゃくれているケースもあります。

3.出っ歯

出っ歯

上の歯が大きく出ている状態です。
口呼吸をしている事が関係しているケースもあります。
口呼吸は「イビキと歯並び」にも関係してきますので知っておいて損はありません。

→イビキと歯並びのページへ

4.開咬(かいこう:オープンバイト)

開咬(かいこう:オープンバイト)
奥歯は咬み合っていても、上の前歯と下の前歯との間が開いている状態です。
前歯で食べ物を咬み切ることができません。
また、サ行、タ行など発音しづらい言葉があるかもしれません。
幼いころの指しゃぶりが原因のこともあります。

5.過蓋咬合(かがいこうごう:深い咬み合わせ)

5.過蓋咬合(かがいこうごう:深い咬み合わせ)
咬み合わせたときに、上の歯が下の前歯に覆いかぶさって見えない状態です。
上の歯により下アゴが後に押しやられ、身体にとって窮屈で苦しい状態です。
顎関節にも負担がかかっている歯並びです。

患者様の声

中高生~大人の矯正

一生自分の歯で過ごすための矯正

スポーツマウスガード