子どもの歯並び矯正治療について

 

【小児矯正】治療の流れ

実際に治療を始めるとなると、どのような流れで進むのでしょうか?
少しでもイメージが湧くように、治療の流れをご案内いたします。
分からないことが少しでも減れば、うれしいです。

カウンセリング

※ 用語の基礎知識 装置のことを知る前に、用語についてご説明します
ホームページを見るにも話をするにも、用語がわからないと話がわかりませんので、前もって解説いたします。

ブラケット:歯の表面につけるボタンのようなものです。このブラケットにワイヤーを通してその引っ張り具合を調整して歯を動かしていきます。
ワイヤー:ブラケットに通す細い針金です。

STEP 1 カウンセリング

カウンセリング

矯正治療はわからないことだらけです。
分からないことをインターネットで調べたはいいけれど、様々な情報があり、情報が多すぎて却って迷われている方も少なくはありません。

当院のカウンセリングは、無料で承っております。
お口の中の写真を撮り、矯正をする必要があるかどうか?する場合どういう方法になるか?など納得いくまでお話しましょう。

「どれくらい痛いの?」

「どれくらいかかるのか?」

「費用はどれくらいなのだろう?」

どれも気になることだと思います。
ざっくばらんにお話ください。
こちらもフランクにお話いたします。
詳しくは、「初診カウンセリングってどんなことをするの?」をご参照ください

→初診カウンセリングってどんなことをするの?

STEP 2 精密検査

精密検査
矯正をすることが決まったら、顔、アゴ、歯のX線撮影や歯型の採取などにより、細かく検査します。

STEP 3 診断・プレゼンテーション

診断・プレゼンテーション
検査結果から治療方針や使用する装置、期間、治療費など、詳しい説明をします。

STEP 4 治療の開始

治療の開始
矯正に使う装置を1~2回に分けて装着します。

STEP 5 ブラッシングの練習

装着中の正しい歯の磨き方を、十分時間をかけてご指導いたします。
詳しくはこのページ下部「お父さん、お母さんの治療中の役割」をご覧ください。

STEP 6 治療・通院

治療完了までに月1回の割合で、定期的に通院していただきます。
下記の写真のように治療が進んだら、歯並びだけでなく気持ちも変わります。
その日をイメージしながら治療に望んでもらえるとうれしいです。
治療・通院

治療前

矢
治療・通院

治療前

治療・通院

治療前

矢
治療・通院

治療前

STEP 7 保定

治療後の歯並びを安定させるため、保定装置を使用します。
3~6カ月に一度程度、通院していただきます。

お父さん、お母さんの治療中の役割

お父さん、お母さんの治療中の役割

矯正の器具をつけたら、今までの歯磨きと同じ方法では、食べカス(プラーク・歯垢)が残ってしまいます。

でも、矯正用のハミガキ練習を練習し、毎日のハミガキ習慣を変えれば、矯正治療中もプラークのないキレイなお口の状態で過ごせます。

そのために、お父さん、お母さんのお手伝いをお願いします!お力を借りたいのです。

「そうは言われても、できるかどうか心配」
「私が子供に歯磨きしてもちゃんとできなくて、子供の歯を虫歯にしちゃったらどうしよう」

そんな不安なお気持ち、分かります。
不安がなくなるまで、当院で指導いたしますのでご安心ください。

とくにプラークが溜まりやすい場所(この部位に気をつけて!)
・歯と歯ぐきの間
・ 歯とワイヤーの間

もう一つ大切なこと
夜、寝る前には上記のプラーク(歯垢)が溜まりやすいところに気をつけて、ていねいにハミガキをします。
このときにお父さん、お母さんがハミガキのチェック、仕上げ磨きをお願いします。

このように磨きます 5つの方法

このように磨きます 5つの方法

1.歯と歯ぐきのあいだは横みがきをします。

このように磨きます 5つの方法

2.歯とワイヤーの間は毛先を入れて鏡を見ながら磨きましょう!

このように磨きます 5つの方法

3.特に奥歯は、前歯よりも背が低いので、歯と歯ぐきの間の横磨きが大切です。

このように磨きます 5つの方法

4.歯間ブラシをワイヤーと歯の間に入れて縦みがきをします。

このように磨きます 5つの方法

5.専用の毛先の細いブラシで磨くと効果的です。

患者様の声

中高生~大人の矯正

一生自分の歯で過ごすための矯正

スポーツマウスガード