マウスピース

 

【マウスピース】マウスピース矯正のメリットとデメリット

まだ比較的新しい治療法であるマウスピース矯正。

どんなところがいいのか?どんなところが困るのか?
まとめて見ました。

mouthpiece

マウスピースのメリットとデメリット

 メリット

・ 食事は今までと同じように出来ます

・ 歯磨きも今までと同じように出来ます

・ マウスピース自体が透明なので、ほとんど気づかれません

・ 治療に通う回数が、ワイヤー矯正より少なくてすみます(2ヶ月に一回)

・ 薄いマウスピースなので、違和感が少なく、発音はほとんどおかしくならない

・ワイヤーの矯正と違い、「点」でなく「面」(例:デコボコと高さを同時に治すことが出来る)で治療を進められるので、ワイヤーの矯正よりも早く終わらせられることがあります

・ワイヤーの装置と違い、お口の中を傷つけることがありません

 デメリット

・ 飲食時と歯磨き時以外はマウスピースをつけていなくちゃならない
(1日22時間以上の装着が必要です)

・ 違う段階のマウスピースを「4つ」お渡して、2週間に一度ご自身で交換してもらうため、ご自身の管理が重要になります

・ 自分で決められた時間装着する意思が必要です

先生がプチインタビューでお話をしています

先生自身も体験済みのマウスピース矯正「インビザライン」の話、ご覧くださいませ。

患者様の声

中高生~大人の矯正

一生自分の歯で過ごすための矯正

スポーツマウスガード